スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ホストファミリー決定

2007/08/16 Thu 22:23

最初から読む↑↑

4/8ページ


ホストファミリーの決定:            
AFSでは派遣先のホストファミリーは出発の3ヶ月前、遅くても1ヶ月前には決まり、あらかじめ出発前に連絡を取り合うことを勧めています。

不安だらけの出発:
私は出発の3ヶ月ほど前から家に帰るとまず、派遣先のホストファミリー決定の書類が来ていないか、ポストをチェックしました。どんなホストファミリーになるか、楽しみにしていたからです。しかし、1ヶ月が過ぎ、2ヶ月が過ぎても私の派遣先の知らせはきませんでした。私の両親は私が以前AFSに電話を掛けた際にひどい対応を受けていたことを知っていたので、私の代わりに何回かAFSに問い合わせの電話を入れてくれたのですが、良い返事はもらえませんでした。
その間、学校の先生や友達にも「大丈夫なの?」と心配され、自分自身不安でならないのに「大丈夫だよ」と答えなければなりませんでした。

結局私にホストファミリーが知らされたのは出発の1週間前、情報は名前と家族構成だけでした。しかも3ヶ月間限定の仮配属で、3ヶ月たったら違うホストに移動せねばならないという条件付でした。
私は自分がこのような状況に陥るまで、出発直前までホストファミリーが分からない場合があること、仮配属というシステムがあることは知りませんでした。
AFSの紹介でも、オリエンでの説明でもこのような場合があることは告知されていなかったからです。
私は事前に連絡を取ることも、お世話になる方々に持っていくお土産も十分に準備できないまま日本を出発しました。
後で聞いた話ですが、留学生のなかには仮配属が2週間だったひとや、なんと現地に到着してもホストファミリーが決まらず、AFSのボランティアの家に仮配属された人までいました。

確かに、アメリカに留学してくるAFS生は何百人もいます。しかし、そんなことは言い訳にはなりません。高校生の生活、命がかかっているのです。かつてAFSの日本人生徒が殺害された事件は皆さんもご存知だと思います。もし、膨大な数の留学生の面倒に手が回らないというのであれば、留学生の数を減らせばよいことです。
AFSのホストは不足しています。そのため、ホストの選び方はとてもずさんです。
後で詳しくお話しますが、AFSのホストファミリーの選びの条件はたった一つ「受け入れてくれるか」だけです。




次のページ



目次へ 







AFS-japan | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。