スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ホストチェンジ

2007/08/15 Wed 23:08

最初から読む↑↑

5/8ページ


ホストチェンジ:       
ホストファミリーとの愛称が悪いといった事態が起こったとき、AFSに相談し、ホストファミリーを変更することができます。ホストチェンジは、留学生側の要求である場合・ホストファミリー側の要求である場合・AFSによる判断による場合があります。

ホストファミリーへの裏切り:
私が3ヶ月間仮配属されたホストファミリーはとても温かい家庭で、とてもよくしてくれました。しかし、3ヶ月が過ぎると当初の予定通り自動的にホストチェンジをしなければなりませんでした。
次に私が受け入れられたのはAFSのボランティアの家でした。事実上AFSはホストファミリーを見つけることができなかったわけです。後で聞いた話ですが、実は1つ目のホストファミリーはとても忙しく、家を留守にすることが多いので、“一ヶ月”だけ受け入れるというAFSとの約束のもとで私を受け入れてくれたというのです。AFSは私と私の両親に仮配属は“3ヶ月”だといいました。つまり、AFSは私と、私のことを心配している日本の家族、そしてホストファミリーを騙していたのです。
ホストファミリーは何度もAFSに連絡し、「1ヶ月の約束で受け入れたのに約束をオーバーされては困る」と訴えたそうです。しかし、AFSは私と私の両親に3ヶ月と言った手前、1ヶ月でホストを変えるわけにはいかず、ホストファミリーの訴えを2ヶ月の間無視し続けました。結局、AFSはホストファミリーの善意を踏みにじり、「お前たちが見放したらこの留学生は行く当てがないのだぞ」とばかりに脅し、仮配属は3ヶ月と信じていた私と日本の私の家族を騙しきったのです。
もし、このホストファミリーが本当のことを話してくれなかったら、この事実は明るみには出なかったでしょう。
そして日本のAFSは、日本にいる私の両親に「仮配属のホストファミリーはAFSに反抗的で、あなたの子供を早く手放したがっているようです。」といった内容のFAXを送りつけていたのです。

ホストチェンジは簡単に:
新しいホストファミリー(AFSのボランティアの家)は決して住み心地が良いものではありませんでした。言葉では言いませんが、そもそも私のことを歓迎していないことがヒシヒシと伝わってきました。しかし、そんな中でも、「ホストチェンジは二度としたくない」という気持が私の中には強くありました。それだけ、私にとってホストチェンジはつらいものでした。そんな私の気持とは裏腹に、次のホストチェンジは簡単に行われてしまいました。
当時私には3歳年下の友達がおり、遊んだり、家に泊まりにいったりしていました。2番目のホストマザー(AFSのボランティア)は彼のことを良く思っていなかったようで、彼のところに遊びに行くことも制限されたりしていたのですが、ある日、「彼の家に移りなさい」と言われました。私は「嫌だ、もう移動するのはいやだ。」と泣きながら頼みましたが、結局2度目のホストチェンジを迎えることとなったのです。




次のページ



目次へ 







AFS-U.S.A. | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。