スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ホストファミリーの決め方

2007/08/14 Tue 23:39

最初から読む↑↑

6/8ページ


ホストファミリー:            
留学生を無償で受け入れてくれ、里親のように面倒を見てくれる留学先のボランティアのこと。このボランティアは留学生にとってとても重要な存在なので厳正な審査が要求されると考えられる。

ホストペアレンツの名前も聞かない:
前にも述べたように、AFSにはホストファミリーが不足しているので、審査し、適切でない場合はホストとして認めない、といったことをする余裕があるとは考えられません。私の三つ目のホストファミリーはひどいものでした。なんと、「ホストファーザーとホストマザーは結婚していなかった」のです。しかもAFSはその事実を私が伝えるまで知らなかったというのです。二人が結婚していないことくらい二人の名前を聞けば分かるはずです。つまり、AFSはホストペアレンツの名前させ聞かずに私のホストとしたのです。
ホストマザーは変わり者で、夜中に大音量で音楽をかけて騒ぐような女性でした。新しく私のホストブラザーとなった3歳下の友達はこのホストマザーと前夫の間の子で、上に兄弟が4人いるのですが、その兄弟たちの何人かは塀の中。また、前夫も何度も逮捕暦があるということでした。また、彼の叔母は実は叔母ではなく、叔母と呼ばせている祖母の恋人であるというのです。
ホストファーザーは良い人物ではあったのですが、やはり変わり者で、酒を飲んで床に吐き散らすようなこともありました。このホストファーザーも離婚暦があり、前妻との間の息子は薬中で、ある日家に来てホストブラザーのゲーム機を盗みました。私の持ち物と現金もなくなっていました。
また、私のホストブラザーは一緒に住みだすと毎日私にいたずらをし、トイレで爆竹が鳴ったり、歯ブラシに靴磨きが塗ってあったり、シャワーの水が茶色かったりと、気の休まる日はありませんでした。
ある日のこと、私は偶然ホストマザーがホストファーザーではない男性とキスしそうになっている現場を見かけてしまいました。そこで思い切って友人に「ホストマザーはなぜホストファーザーと住んでいるのか」と聞いてみると、友人は「一緒に住んでお金がたまったら逃げるつもりだ」といいました。

私は、AFSの集会で集まった時にAFS職員にこんなホストファミリーにいることはできないと相談しました。このホストにきてから、勉強など手に付かず、不安なことばかりでした。
AFS職員は真剣に話を聞いてくれました。そして、上の人と話してくれるといってくれました。
私のAFSに対する不信感は大きなもので、AFSは何もしてくれないと思っていましたが、さすがのAFSもこれだけ問題が山積みにあるホストファミリーに留学生をとどめておくはずがないと私は思いました。



次のページ



目次へ 







未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。